KinKi Kidsがスーパーサイヤ人3に変身!ナメック語で話す『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』CMが話題

中2イズムをフォローする

バンダイナムコエンターテインメントより配信されているスマートフォン(Android/iOS)用のゲームアプリ『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』。
この『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が3周年をむかえ、記念の特別Webムービーが公開された。そのCM出演キャラクターを務めるKinKi Kids(キンキキッズ)の堂本光一さんと堂本剛さんが話題となっている。

なんと、動画のなかで2人ともスーパーサイヤ人3状態となり、ナメック語しか話していないのだ。

2人が話しているナメック語は、ナメック星で神龍(シェンロン)を呼び出すときの合言葉「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ」。スーパーサイヤ人に扮した姿で登場し、7つ揃ったドラゴンボールを前に呪文を唱えているのだ。

この動画はYouTubeに公開後、さっそく急上昇ランクにて1位を獲得するなど、すぐに話題を集めている様子。
なお、ゲームの3周年を記念した特設サイトも公開されており、Twitterにて抽選で333名に豪華商品が当たるキャンペーンなども実施中となっている。

また、15秒のTVCMキャンペーン篇の動画も公開中だ。

ゲームともども、KinKi Kidsの二人の活躍からも目が離せない。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ