完成度MAX!? 約40万個ものレゴで作ったハリ・ポタの魔法学校

中2イズムをフォローする

だれもが遊んだことのある、デンマーク発のおもちゃ「レゴ・ブロック」。組み合わせ次第で、その小さなピースからは、考えられないような形へと変身する。そんなレゴを使い、ビックリするようなモノを作ってしまった人がいる。

Alice Finchは、約40万個のレゴ・ブロックで、イギリスの作家J.K. Rowlingによる『ハリー・ポッター』シリーズの「ホグワーツ魔法魔術学校」を再現してしまった。大人が本気を出すとここまでできるのかと、目を疑うような完成度の高い作品をぜひご覧いただきたい。

制作期間:12ヵ月/ブロック数:400,000

8509749494_dc0aafecb7_o

8508641921_d990f1a136_o

8508641731_8eea54e9c5_o

8508640967_463894f4b5_o

8508805311_92777fbee1_o

子どものころは、レゴで遊んだことがなかったという彼女だが、息子と一緒に遊んだことから、自らの制作意欲に火がついてしまったそうだ。多くの可能性を秘めたレゴを使った飽くなき挑戦はまだまだ続く…。次はどんな作品が登場するのか楽しみだ。

参照:Alice Finch builds massive LEGO Hogwarts from 400,000 bricks [Photos & Interview]
Lego Hogwarts





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ