35歳以上は必読!?孤独死と終活を描く漫画『ひとりでしにたい』が独身の胸をえぐる

中2イズムをフォローする

漫画家兼コラムニストのカレー沢薫(@rosia29)さんがTwitterに掲載した終活をテーマにした漫画『ひとりでしにたい』が、いま独身の間で話題となっている。

漫画『ひとりでしにたい』は、35歳の学芸員の独身女性が終活を考えていくヒューマンライフストーリー。バリバリのキャリアウーマンで優雅な独身の老後生活をしていたかのように見えた伯母がまさかの孤独死。その死に様に衝撃を受けた主人公が自身の終活を考え、よりよく生きるための方法を模索していく…という内容となっている。

現在はコミックDAYSにて連載中で、第一巻が発売中だ。
読者からは「最先端すぎ」「35歳以上の必読書」「若い子にも読んで欲しい」「自分すぎて辛い」「強くおすすめ」「これからが本当に心配」「グサりとくるものがある」など様々なコメントが寄せられており、多くの人が考えさせられたようだ。

人生について真剣に考えたい人は、一度読んでみて参考にしてはいかがだろうか。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ