『AKIRA』にそっくり!国立競技場の解体写真がTwitterで話題

中2イズムをフォローする

とあるTwitterユーザーの書き込みにより、現在取り壊し中の国立競技場の写真が話題となっている。


大友克洋による伝説的なマンガ(アニメ)『AKIRA』に出てくる国立競技場とそっくりなのである。
実際に比較してみるとこのように様相が酷使しており『AKIRA』ファンの妄想力を駆り立てている。


なお現在、解体作業は着々と進んでおり、ネットでは国立競技場を惜しむ声が多数寄せられている。


『AKIRA』は2020年の東京オリンピックに向けて再開発中の2019年「ネオ東京」が舞台となっている。偶然にも開催年が同じことから、ファンの間では東京オリンピックに運命を感じずにはいられない状況だ。
そのため、今回の国立競技場解体は、『AKIRA』を懐かしむと同時に、いよいよかつて思い描いていた未来に到達してしまうだ、と感慨深かった人も多かったようだ。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ