家のようにくつろげる店を目指した結果…漫画『酒場の女』のオチが笑える

中2イズムをフォローする

『都会の妖精』や『Do IT Well』を連載中の漫画家、市田 (@ichida)さんがTwitterに掲載した1ページ漫画『酒場の女』が、SNS上でいま話題だ。
その投稿漫画がこちら。

ステイホーム期間のクセで、ついつい居酒屋店内で自宅のようにくつろいでしまうお客たち。
店員も「みんなが家のようにくつろげる店」を目指してきたと思っていたが…その結果、できあがるとクソでしかない雰囲気になってしまったのだ。

アットホームな雰囲気はたしかに居心地が良い場合もあるが、あくまで客も店側も互いを尊重し、周囲への気配りを忘れないことが重要だ。
他者の視点を完全に無視した行為は、たしかに傍から見れば最悪な空間に感じられるのかもしれない。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ