時間になるとライブで池の鯉がモッシュを始める!?「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017」のKoi.Jが話題

中2イズムをフォローする

この秋、六甲山上で繰り広げられる現代アートの祭典「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017」が見ごたえのあるアートイベントだと関西を中心に話題となっている。
なかでもあるアート作品がとてもユニークだとSNSでは口コミで評判を集めているのをご存知だろうか。
その作品がこちら。

なんと、池に展示された鯉のオブジェ「Koi.J」が時間がくると音楽を演奏し、そのタイミングでエサが撒くため鯉が集まってモッシュをするので、まるでライブ会場のような雰囲気になるというのだ。

動画で見るとこちら。

この展示作品は、大阪生まれの籠谷シェーン、ふじわらかつひとからなるアートユニット「現代美術二等兵(GENDAI BIJYUTSU NITOHEY)」によるもの。
二人は、菓子の世界に駄菓子があるように、現代美術の中にも「駄美術」があっていいのではと、生真面目な現代美術にクスッと笑えるスパイスを加え、見る人誰もが楽しめる作品を作り続けているそうだ。

場所は六甲山カンツリーハウス内の池になるので、ぜひ興味がある方は期間内に見に行ってはいかがだろうか。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017

なお、展示物本人によるTwitterアカウントもあるので、そちらも要チェックだ。
Koi.Jアカウント





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ