まさに現代の『木を植えた男』!盲目の男性と両腕を失った男性、2人で10年かけ1万本を植樹

中2イズムをフォローする

ジャン・ジオノの短編小説『木を植えた男』は、ひとり黙々と植樹を続けることで、森を再生する男の話だ。中国・河北省に住むJia HaixaさんとJia Wenqiさんは、同じように8エーカーもの広大な敷地を、2人で10年間植樹し続けている。
blind-man-amputee-plant-trees-china-12
実はこの二人、Jia Haixaさんは全盲で、Jia Wenqiさんは両腕を幼い頃に失っているという、異色のペア。故郷の村を洪水から守るため、政府から借り受けた土地に1万本ものポプラの木を植樹し続けている。
blind-man-amputee-plant-trees-china-1

blind-man-amputee-plant-trees-china-5

blind-man-amputee-plant-trees-china-7
同い年の二人は毎朝7時に起き、それぞれ助け合いながら、仲良く作業を行っている。苗木を買うお金はないので、主に挿し木を用いている。そのための枝採りも二人の仕事だ。
blind-man-amputee-plant-trees-china-10

blind-man-amputee-plant-trees-china-2

blind-man-amputee-plant-trees-china-6

blind-man-amputee-plant-trees-china-11

blind-man-amputee-plant-trees-china-3

blind-man-amputee-plant-trees-china-14
村のことを考え、自分に出来ることを懸命に続けてきた二人。それ故多くの人の心に強く響くのではないだろうか。まさに現代社会に生きる『木を植えた男』たちである。
.boredpanda.com




中2イズムをフォローする