【親子の愛】生まれつきアザがある娘を悲しませないため、夫妻も足に同様のタトゥーを入れる

中2イズムをフォローする

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

タトゥーがときに親子の絆を強く結ぶことがある。
英国在住のアダム·フィリップスさんとその妻のターニャさんは、自分の愛娘ハニーレイちゃんが生まれつき下半身から背中にかけて赤いアザを持っているため、そのことで彼女の心が傷付かないよう、自分たちの右足にもアザのタトゥーを入れることを決意したのだ。
parents-tattoo-toddler-birthmark-honey-rae-1
ハニーレイちゃんのアザを隠すようにして、ずっと長ズボンを履かせて育ててきたフィリップスさん夫妻。ある夏、彼女に初めて素足で街を歩かせたところ、通りすがりの老夫婦が足を見ながらヒソヒソ話す姿を、夫妻は目撃してしまった。
parents-tattoo-toddler-birthmark-honey-rae-21

parents-tattoo-toddler-birthmark-honey-rae-31
例えアザがあろうとも、恥じたりせずに生きて欲しい、そして自分たちの愛情が特別であることを知って欲しい、そう考えたフィリップスさん夫妻は、自らの足にもハニーレイちゃん同様のアザをタトゥーとして入れることを決意したのだ。
parents-tattoo-toddler-birthmark-honey-rae-4
タトゥーを入れ終わった二人の足を見たハニーレイちゃんは、足に触れると「お揃いね」と言ってほほ笑んだそうだ。
ハニーレイちゃんはまだ幼いので、今はまだ両親の気持ちを完全には理解出来ないかもしれない。それでも大人になるにつれ、自分が愛されて育ってきたことを深く理解していくようになるのではないだろうか。
boredpanda.com





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ