巨人が吐き続けている謎の施設…実はスワロフスキーの美術館でした!

中2イズムをフォローする

まず写真をご覧頂きたいのだが、この光景が一体何に見えるだろうか…。
Riese_Sommer4_copyright_Bernhard_Aichner_R
巨人がずっと吐き続けているような感じの、なんとも意味不明な施設、実はオーストリアのガラス細工メーカーとして世界的に有名なスワロフスキー社が管理する「スワロフスキー・クリスタルワールド」のエントランスなのである。
Swarovski_Kristallwelten_Crystal_Dome_by_Walter_Oczlon_R
02_Poseidons_Puzzle_by_A_Proefrock_R
Reflexionen_by_Alexander_Proefrock_R
「スワロフスキー・クリスタルワールド」はオーストリアの西、アルプス山脈の麓のインスブルックにあり、1995年に建てられた100周年記念の美術館だ。


美術館内部のほとんどは地下にあり、クリスタルとクリスタルガラスをモチーフにした様々なアート作品、オブジェが展示されている。なお現在は、改修中のためクローズしているようだ。

クローズ期間:2014年10月06日~2015年4月30日
スワロフスキー・クリスタルワールド公式サイト




中2イズムをフォローする