ワクワクが止まらない!風力を使って自ら動く生命体「ビーチアニマル」

中2イズムをフォローする

オランダの彫刻家、Theo Jansenが発表し続けているアートプロジェクト「ビーチアニマル」が、新しい形の生命体を予感させてくれる。
ビーチアニマルはプラスチックチューブで構成されており、可動エネルギー源は風で、自立して動く事が可能だ。 プロジェクトはTheo Jansen自身の手により何度もアップデートされ、現在も身体構造の変化を遂げ続けている。
10594194254_c63217dca6_c
なおビーチアニマルには“神経系”として透明なチューブやゴム紐等によって風を捕らえたり、方向性を決める知覚機能も備えてあるとのこと。

動画を観ればビーチアニマルたちの個性的な動きの数々から、“生命体”と呼ばれる理由が更に理解できる。




中2イズムをフォローする