ドラゴンボールファン感激!フィギュアコマ撮りアニメ『ブルマと孫悟空』が芸術の域

中2イズムをフォローする

多数のコマ撮りを手がける会社、株式会社ティー・ワイ・オー ドワーフの社員で「コマ撮り大道芸人」を名乗る篠𠩤 健太(@shinohara_kenta)さんが作ったアニメ『ドラゴンボール』の動画がいま、SNSで話題だ。

これには往年のドラゴンボールファンも「雲の動きの滑らかさ」「かわいい」「ドラゴンボール初期の楽しさを思い出させます」「もはや芸術の域」「見ると元気出る」「一つ一つの動きの細さがとても凄い」など、感激する者が続出している様子だ。

フィギュアコマ撮り『ブルマと孫悟空』は、2019年10月25日より開催される魂ネイション(TAMASHII NATION)2019でも高画質動画が流されており、ブースも存在するとのこと。
使用しているフィギュアも魂ネイションズから発売されている「S.H.Figuarts ブルマ-大冒険の始まり-」と「S.H.Figuarts 孫悟空-少年期-」の2アイテム。
コマ撮り動画、フィギュアともに興味がある方は、ぜひイベントとフィギュア情報をチェックしてほしい。

また篠𠩤さんはほかにも様々なコマ撮り動画をTwitterに掲載しているので、気になる方はそちらもチェックしてほしい。




中2イズムをフォローする

こちらもオススメ