若かりし来日時のデヴィッド・ボウイ写真が美しすぎて神々しい

中2イズムをフォローする

とあるTwitterユーザーが投稿した「若かりし頃に来日した際のデヴィッド・ボウイ」の写真が美しすぎて神々しいと話題だ。

梅田行きの電車を前にした駅のホームや電車内、電話ボックスでタバコに火を付ける姿など、昭和の日本の街並みと比べてみてもあまりに異質で美しいデヴィッド・ボウイの姿に、ファンならずともいまなおドキドキする人が多数いるようだ。

大の日本好きで一時期、京都に居住していたほどの親日家だったデヴィッド・ボウイ。

そのため、2016年に死没した際は、阪急電鉄が公式ツィッターで、6300系電車をバックに撮られたボウイの写真と共に追悼メッセージを送ったことも記憶に新しい。
死後3年たった今でもなお、デヴィッド・ボウイは多くのファンを魅了し続けているようだ。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ