エイリアンとギーガー美女が登場!ギーガー美術館20週年記念のボディペインティングが話題

中2イズムをフォローする

映画『エイリアン』の生みの親として知られるH.R.ギーガーの功績を記念して造られたミュージアム「ギーガー美術館」。
その20周年を記念して行われたパフォーマンスの一環として、ボディペインティングの世界大会で優勝したメイクアップアーティストによるギーガー美女とエイリアンが練り歩く様がギーガーファンの心を鷲掴みにしていると話題だ。

FIORELLA SCATENA & UDO SCHURR Fiorella Scatena is a make-up artist, Italian body painting champion, and world body painting champion. Her style merges different painting tech-niques as well as visually suggestive special effects. It is characterized by unmistakable dark and mysterious atmospheres, ranging between surrealism and erotism. Her creatures appear enchanting and grotesque, constantly torn between sensuality and horror. Most of her creations reveal a love for the macabre and for surrealist art, inspired the visions of HR Giger. Since childhood, Fiorella has felt a passion for anything related to the arts, and she particularly displayed an innate talent for drawing. Fascinated by the metamorphoses possible by means of make-up, she became in involved in body art. In 2006, she began to take part in a number of noteworthy contests, obtaining two victories and three silver medals, and winning the Audience Award of the European BodyArt Contest in 2007. In 2008, at age 23, she became the world champion in the special effects category, taking the Italian flag to the World Body Painting Festival's Hall Of Fame for the first time. That same year, she won the Italian championship, and in 2011, she attained a third place in the world championships. In 2012, she won the second place of the semi-finals with her "Tribute To Alien & HR Giger", followed by the "Show Award" in 2013. Finally, in 2014, she was selected as one of iconic artists for the prestigious jury of the World Body Painting Festival. For the 20th anniversary of the Museum HR Giger, Fiorella Scatena will pre-sent an homage to the master by revisiting her tribute to "Tribute To Alien & HR Giger" with a body painting performance in collaboration with the air-brush double world champion Udo Schurr. Pic@ Andrea Peria

HR Giger Museumさん(@hr_giger_museum)がシェアした投稿 –

なお、このギーガー作品をモチーフとした美女を演じたモデルのインスタグラムアカウントでは、動画も閲覧できる模様。

この見事なボディペインティングのパフォーマンスを、多くの人が現地でも楽しんだようだ。

ギーガー美術館は、彼が愛したスイス・アルプスの山里グリュイエール村に1998年オープンした。彼が描いた映画のためのデッサンのほか、絵画や彫刻、家具なといった膨大な彼の作品と彼がコレクションしていたアート作品を所蔵・展示している。
人間と機械が融合したような様式は「バイオメカニカル」ともいわれ、グロテスクで美しく、幻想的な世界観が世界中で多くのファンを魅了してきた。日本でも、『エイリアン』のほか『邪聖剣ネクロマンサー』などでも親しまれており、SFファンなどを中心に根強い人気を誇っている。

もしかしたらだギーガー美術館の存在すら知らなかった人も多いかもしれないので、これを機に一度訪れてみてはいかがだろうか。

ギーガー・ミュージアム





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ