イニエスタを『キャプテン翼』作者の高橋陽一先生が描く!ヴィッセル神戸ユニ姿が話題

中2イズムをフォローする

下部組織から育ったFCバルセロナを今季限りで後にし、ヴィッセル神戸に加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(Andrés Iniesta Luján)選手。
イニエスタが来日したことを心のそこから喜んでいるサッカーファンは多いだろう。そのうちの一人が漫画家の高橋陽一先生だ。

高橋先生は自ら、ヴィッセル神戸のユニフォームを着たイニエスタのイラストを描き、「Bienvenido a J-league ! (ようこそJリーグへ!)」のコメントともにTwitterに投稿し話題となっている。
高橋先生といえば、言わずとしれた伝説的サッカー漫画『キャプテン翼』の作者。実は、イニエスタは大の『キャプテン翼』好きで知られている。

レプリカユニフォームやジャージを着た姿を披露するなど、これまで『キャプテン翼』愛を披露してきた。また、主人公の大空翼が所属するクラブがFCバルセロナということもあり、なにかと縁の深い関係なのである。

高橋先生は、合わせてFCのバルセロナのユニフォーム姿で、イニエスタを描いて投稿している。
このイラストを見たイニエスタは大喜びするのではないだろうか。

なお、イニエスタはバルセロナで歴代2位となる通算443試合に出場。9度のリーガ制覇、チャンピオンズリーグ4度の優勝に加え、スペイン代表としてもユーロで2度頂点に立っている。さらに、2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、チームを初の世界王者に導くなど、世界中で多くのファンを持つ伝説的なサッカープレイヤーである。

また人格者としても知られるイニエスタ。サッカー好きならずとも今後の日本での活躍から目が離せないだろう。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ