VFXの巨匠フィル・ティペットが30年かけ製作!ストップモーションアニメ『MAD GOD』がすごい

中2イズムをフォローする

アメリカのストップモーション・アニメーター、フィル・ティペット(Phil Tippett)監督をご存知だろうか。
実は『スター・ウォーズ』シリーズや『ジュラシック・パーク』等で知られる特殊効果VFXの巨匠として知られており、アカデミー視覚効果賞を幾度も受賞しているハリウッド映画を代表する人物だ。
また、ストップモーションを洗練した独自の手法「ゴー・モーション」を開発するなど、映画界におけるテクノロジーの発展にも多大な影響をもたらしている。

そのフィル・ティペットが30年の歳月をかけて製作したストップモーション短編アニメが『MAD GOD』である。
こちらがパート1のティザー映像。

こちらがパート2のティザー映像となっている。

本作は、1990年に着想し一旦ボツになったものの、クラウドファンディングサービスのKickstarterでその第一部の制作資金を募り、4万ドルの目標額を大きく上回る12万4156ドルを獲得。第一部は2013年12月に完成し、カリフォルニア州のニュー・パークウェイ・シアターで初公開された。2014年には第二部の資金をKickstarterで集め公開、現在、第三部の資金も目処が付き、この冬公開される予定のようだ。

巨匠が情熱をかけて長年に渡りライフワークのように作り続けた本作。
少々マニアックではあるが、SF好き、アニメ好きであれば必見ではないだろうか。

『MAD GOD』公式サイト





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ