「ドアの向こうに何かがある…」と記されたドアを開けた瞬間!なぜだかニッコリしてしまうドッキリ企画

中2イズムをフォローする

毎日28分、30日間聞くだけで英語が劇的に上達!
【英語ぺらぺら君中級編(配送版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

シカゴの駅構内で、「ドアの向こうに何かがある…?」と記されたドアが設置され、興味本位で開けてしまった人を驚かすドッキリ企画が実施された。


ドアを開けると、そこからなんと大量のカラーボールが!
子供からお年寄りまで好奇心旺盛な人々がドアを開けては、その可愛らしいドッキリ企画に、思わず笑みをこぼしてしまっている。
日本でも、開かずの扉や障子を用いたホラーキャンペーン、シャワーカーテンを開けるちょっとお色気なキャンペーンなど、似たような企画が実現したら面白いかもしれない。





中2イズムをフォローする