道民のセンスはクレイジー!?北海道が全然ゆるくないゆるキャラを量産中

中2イズムをフォローする

最近、北海道のゆるキャラ事情がおかしな方向へ爆走していることをご存じだろうか。
どういう訳か、全くゆるくない強面キャラを量産しているのだ。
代表的な存在がゆうばりのメロン熊である。


しかし、メロン熊だけではないのが北海道のすごいところ。
たとえば札幌では「ホーンテッド時計GUY」という時計台のキャラクターが。

北斗市の「すーしーほっきー」はまさにシュールの極致。


小樽市の非公式キャラクター「ゾンベアー」。


「知床らうす鮮隊ラウフィッシャー」は羅臼漁業協同組合の公式マスコットキャラクター。


網走市でオホーツクのPRを担当する「つくつくオホーツクん」。


むかわ町の街歩き宝探しゲーム「むかわ町シスト」のメインキャラクター「シスト男爵」。


さすが試される大地、北海道。ゆるキャラの方向性もファンになることを試されるような、斜め上の発想から誕生したキャラクターばかりである。他の地方と一線を画すという意味ではブランディングに成功している北海道。それだけに、今後もゆるくないゆるキャラが誕生する可能性は大いにあるだろう。ゆるキャラたちの今後の活動を見守っていきたい。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ