自分は大人のなり損ね!?マンガ『”オトナ”になれなかった人』が共感呼ぶ

中2イズムをフォローする

社会人2年目病』を描いたマンガなど社畜OLのマンガをTwitterにて掲載し、話題となっている漫画家の橋本ゆの(@riko3_)さんが新たに掲載した『”オトナ”になれなかった人』が、多くの共感を集めている。

小さい頃から身近な年上を眺めてはその大人っぽさに憧れを抱いていた橋本ゆのさん。しかし、その年齢やポジションになっても、さらにその先をいく年上たちに只々憧れるだけで、一向に大人になっていく実感も持てない状況が続く。
いつしか社会人になり、一般的には「大人」と言われる年齢にたどり着いたにも関わらず、とうとう大人の実感が持てないままとなり「精神年齢が子供のまま」「自分だけ大人になり損ねたのでは…?」と不安になるというのだ。

これに多くの人が「いつまで経っても心が小学生なの泣きそう」「大人になれた人の方が少ないのかもしれない」「何を持って大人とするのか?結構曖昧」「俺やんけ」「分かる」「これがオトナの正体」など、共感するコメントを寄せている状況だ。

一方で「上を見るからで大人になって学生を見ると自分が大人だと自覚する」など、見方を変えると良いという意見も一定数見られるようだ。

これを機に、自身が子供の頃に思い描いていたような大人になれているか、今一度問いかけてみるのも良さそうだ。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ