まるで日本のロボットアニメ!ファンが1人で『スター・ウォーズ』動画を完成

中2イズムをフォローする

日本でも根強い人気を誇るスペースオペラの代表作『スター・ウォーズ』シリーズ。
映画、アニメーション、小説、コミック、ゲームなど様々なメディアで展開してきたが、ファンが4年もの歳月をかけて1人で完成させたアニメ動画が話題となっている。

YouTubeでの動画はこちら。

日本の80年代後半〜90年代ロボットアニメに見られた雰囲気を取り入れており、マクロスファンなどには馴染みのある板野サーカスへのオマージュや、ガンダムシリーズでの富野由悠季の演出技法なども見られ、素晴らしい出来栄えとなっている。
なお、一見全て手書きのように見えるが、技法としては3DCGで作ったビデオコンテの上に絵を重ねて描くことで、立体感ある作画を実現させているようだ。

『スター・ウォーズ』シリーズは今年の12月20日(金)に最終章となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を日米同時公開予定だ。
公開に向けて、ファンの盛り上がりも一層加熱しそうだ。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』公式サイト





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ