自分はまるでスネ夫…マンガ『私がスネ夫だった頃の話』がエモい

中2イズムをフォローする

マンガ家のよこせ(@fudekichi453)さんが描いた短編マンガ『私がスネ夫だった頃の話』がエモいと、読者の間で話題となっている。

幼い頃、バーベキューで偉い人にペコペコしながらお酒を注ぐお父さんの姿がスネ夫と被り苦手だった主人公。
しかし成長し、クラスでは美人で人気者なジャイアンのような友達の側にいる自分が、スネ夫のように感じられ…。

細やかな心の機微を描いた作品に、読者からは「胸に刺さった」「痛いところを突いてくる内容」「友達との関係考えさせられた」「感動した」など、絶賛するコメントが多数寄せられている。

自分の立ち位置や人間関係に悩むことは大人になっても多々あるが、特に10代の青春時代に同じような経験をした人は多いのではないだろうか。

よこせさんは他にもマンガやイラストをTwitterに掲載しているので、気になる方はぜひ確認してみてほしい。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ