皆のガンプラ愛が爆発!「#ガンプラはどんな自由な発想で作ってもいいんだ」まとめ

中2イズムをフォローする

『機動戦士ガンダム』のシリーズに登場するモビルスーツ、モビルアーマーと呼ばれるロボットや戦艦などを立体化したプラモデル、通称「ガンプラ(GUNPLA)」。1980年に誕生した「1/144ガンダム」以来、これまで35年以上でおよそ4億4500万個が販売されている。

そのガンプラを愛する人々がそれぞれのガンプラ愛を爆発させたハッシュタグ「#ガンプラはどんな自由な発想で作ってもいいんだ」が現在、Twitter上で活況となっている。一部をまとめてご紹介したい。

ユニークな発想のものから、高いクオリティを目指すもの、カッコよさを追求するものまで、様々な種類のガンプラが掲載されているようだ。
ガンプラはいまや「GUNPLA BUILDERS WORLD CUP」といった世界大会が開催されるほど広い人気を誇るプラモデル文化だ。

この投稿たちを見て、久々に自分でもガンプラを組み立てたいと感じた人は多いのではないだろうか。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ