キックボードなみに持ち運びやすい!コンパクトな電動スクーター「IONIQ Scooter」

中2イズムをフォローする

電動アシスト自転車は街乗りするには非常に便利だが、もっとコンパクトな乗り物があれば…そのように考える人は少なくないだろう。
そこでご紹介したいのが、このコンパクトでお洒落な電動スクーター「IONIQ Scooter」だ。

「IONIQ Scooter」は、韓国の自動車メーカーHyundai(ヒュンダイ)が開発した、コンパクトに折り畳める電動スクーター。

キックボードのように簡単に折り畳んで、どこでも手軽に持ち運び快適に移動できるモビリティとなっている。
使用時にはハンドルを起こしてステップ部を広げるだけで、手軽に起動、そのまま移動できる。
また、ハンドル中央部には速度を表示するディスプレイも搭載されており、そのほか夜間に視界を確保するためのフロントライトとリアライトが装備されている。

Hyundaiが開発した理由としては、車に搭載しても邪魔にならないコンパクトさで、目的地付近に到着したあとも気軽に散策できるようになるための装置を目指している。そのため、純粋電気車(EV)であるIONIQ Electric(アイオニックエレクトリック)のフロントドアの中に置きながら充電できる仕様となっている。

これさえあれば、旅行の際の周辺散策など、様々なシーンで気軽に移動を楽しむことができそうだ。

「IONIQ Scooter」





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ