ミッチーが執事!「プラド美術館展」の及川光博さんPR動画がドラマ仕立てで妄想力爆発

中2イズムをフォローする

2018年2月24日(土)~5月27日(日)に東京・上野の国立西洋美術館で開催する「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」。
その公式プレゼンターを務めるミッチーこと及川光博さんが執事役となり登場するPR動画が話題だ。

■第1話「プラド美術館とは~お目覚め編~」

及川さんはあるお屋敷に仕えるコンシェルジュ(執事)という設定。視聴者をお嬢様と見立て、プラド美術館やベラスケス作品への愛を語り続けるといった内容だ。

■第2話「ベラスケス作品が7点も!~朝食編~」

■第3話「ベラスケスってどんな画家?~お見送り編~」

■第4話「フェリペ4世とは~ランチタイム編~」

■第5話「スペイン絵画以外も充実!~お出迎え編~」

■第6話「ボデゴン~ディナー編~」

■第7話「バルタサール・カルロス~おやすみ編~」

ドラマ仕立てのPR動画は現在7話まであり、朝から晩まで執事のミッチーが語りかけてくるというファンにはたまらない内容となっている。
またロケ地として撮影には清泉女子大学本館(旧島津公爵邸)が使われており、洋館の雰囲気が一層及川さんの魅力と設定を引き立てているようで、悶絶する女性が続出している様子だ。

プラド美術館展では及川さんが初挑戦した音声ガイドが聞けるので、興味がある人はぜひ足を運んで欲しい。

「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ