息子の落書きをアニメーターの父が本気でイラスト化!ロマン・トマさんの「親子イラスト工房」

中2イズムをフォローする

東京を拠点に活動するフランス人アニメーターのロマン・トマ(Thomas Romain)さんが、8歳と10歳の息子たちがスケッチブックに描いた絵を原案にして、プロレベルでイラスト化してみる「親子イラスト工房」をツイッター上で公開、個性的でカッコ良いオリジナルキャラクターが次々と誕生し話題となっている。

ロマン・トマさんはアニメ制作会社サテライトに所属し、美術設定やメカニックデザインを手がけており、これまで『バスカッシュ!』『アクエリオンEVOL』『戦姫絶唱シンフォギア』『AKB0048』などのサテライト作品のデザインワークを担当してきたほか他社では『超速変形ジャイロゼッター』『スペース☆ダンディ』などに参加した経験を持つ。

なお今回の「親子イラスト工房」を紹介する動画は多数ロマン・トマさんのYouTubeチャンネルに掲載されており、そちらも見応えがある。

子どもの柔軟でユニークな発想と、それをアップデートできる大人のスキルがあれば、マンガやアニメの世界はまだまだ素晴らしい作品が出来るのではないか、そう思わせる面白い試みなのではないだろうか。

ロマン・トマさんインスタグラムアカウント





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ