クオリティ高すぎ!『ふしぎの海のナディア』ブルーウォーターを再現した猛者現る

中2イズムをフォローする

日本放送協会(NHK)で1990年4月13日から1991年4月12日にかけて放送されたTVアニメ『ふしぎの海のナディア』。
ジュール・ヴェルヌ原作『海底2万マイル』をベースにした海洋冒険SFアニメで、『新世紀エヴァンゲリオン』で人気を博した庵野秀明監督、GAINAX製作のテレビアニメとして当時からコアなアニメファンを中心に人気を博していた、アニメ史に残る一作である。
その『ふしぎの海のナディア』に登場し、主人公ナディアが首からかけていた物語の鍵をにぎる宝石「ブルーウォーター」を再現して作ってみた人物が現れ話題となっている。

なんと、素晴らしいことに透かすと見える幾何学模様の回路まで再現させているようなのだ。
ジョー・カルビさんが明かした工程は以下の通り。

流石のクオリティにナディアを観て胸をときめかせていた当時からのファンたちは、大興奮しているようだ。

かつてアニメイトでもレプリカが発売されていたようで、そのときは回路の幾何学模様は板を挟むことで再現していたようだ。今回は彫っているため透き通っており、ジョー・カルビさんのこだわりが感じられるレプリカとなっている。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ