池井戸潤小説のドラマ『陸王』こはぜ屋のランニング足袋が実在!「KINEYA MUTEKI(きねや無敵)」

中2イズムをフォローする

池井戸潤の人気小説を、主演に役所広司を迎えて毎週日曜放送中の人気テレビドラマ『陸王』。
埼玉県の足袋(たび)メーカーによる会社の存続を懸けたランニングシューズ開発への挑戦を、実業団の駅伝チームをからめて描く見ごたえのある企業再生ストーリーに、早くも池井戸作品ファンのみならず魅了されている状況だ。

実はこの小説の舞台となる埼玉県行田市にある老舗の足袋業者「こはぜ屋」は、モデルになったメーカーが行田市に実在していることをご存知だろうか。

「きねや足袋」が開発し、発売しているランニング足袋「KINEYA MUTEKI(きねや無敵)」である。

伝統的な製法で仕上げた足袋そのものに、柔らかくグリップ力の高い薄さ5mmの天然ゴムソールを手縫いで縫い付けた、まさに『陸王』に登場するランニング足袋「陸王」と彷彿とさせるシューズである。

作品同様、限りなく素足感覚に近づけたランニング足袋ということで、これさえあれば作中に登場する人間本来の走り“ミッドフット着地”による走法を実現できるのではないだろうか。

ドラマを観たり原作小説を読んだりして、履いてみたいと思った人にはぜひとも試してみて欲しい一足である。


MUTEKI(無敵) ランニング足袋 メンズ サックスブルー 30.0cm

ランニング足袋「KINEYA MUTEKI(きねや無敵)」





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ