時速240kmのフォーミュラマシンを操る!11歳の天才少女レーサー野田樹潤が話題

中2イズムをフォローする

いまTwitter上で11歳の天才少女レーサーが話題なのをご存知だろうか。

この美少女の名前は野田樹潤。なんと父親は自動車F1シリーズの元レーサー、野田英樹氏なのだ。

樹潤ちゃんは世界で初めて、10歳で国際クラスのフォーミュラカーをサーキットで走らせ、岡山国際サーキットにおけるFIA・F4マシンのコースレコードに0.7秒差まで迫るという、将来が超有望な日本人女性レーシングドライバー。
フォーミュラマシンを240kmで操り、F3参戦を狙うという、男性ドライバー顔負けの実力の持ち主である。

昨年7月にはミキハウスがプロ契約。F1ドライバーになることが未来の目標とのことだが、もしかすると樹潤ちゃんなら実現してしまうかもしれない…。

彼女の今後の活躍から目が離せない。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ