伝説的クソゲーを堪能せよ!『たけしの挑戦状』がスマホアプリで配信開始

中2イズムをフォローする

1986年に発売され、今なおカルト的人気を誇るアクションアドベンチャーゲーム『たけしの挑戦状』。
ファミコンカセットとして販売されていた本作が、ついにスマホアプリとしてiOS/Android向けについに配信を開始した。

ビートたけしさんが自身初のゲーム監修を担当。数々の奇想天外な展開や、理不尽な難易度設定に困惑したプレイヤーが続出した。

今回、現スクウェア・エニックス・ホールディングスの機能子会社であるタイトー作品を移植する「TAITO CLASSICS」シリーズの第5弾タイトルとして、840円(税込)で配信する。

新ステージ「あめりか」の追加、ゲーム中に登場する独自の言語、ひんたぼ語の能力が測れる「ひんたぼ語検定」モードの追加、弊社サウンドチーム「ZUNTATA」による新曲も追加されており、さらには、高難易度の「はーどもーど」、無敵になれる「むてきもーど」をオプション課金(各120円(税込))で遊ぶ事が出来る。

これを機に再び伝説的クソゲーを堪能してはいかがだろうか。

TAITO CLASSICS





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ