現代版トム・ソーヤーの冒険!?自作の小屋付きボートでミシシッピ川を渡った男

中2イズムをフォローする

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

トム・ソーヤーの冒険をアニメや本で知り、いつかミシシッピ川を冒険したいと思った人は少なくないはずだ。
現代において、実際にそのような冒険をガチでやった人物がいる。
カリフォルニア大学サンタクルーズ校の教員でありアーティストのWes Modesさんは、ミシシッピ川とテネシー川を夏2回にかけて、ゴミや廃材で作った小屋付きボートで渡りきったのだ。

Wes Modesさんの目的は「アメリカの川沿いに住む人々の歴史」を知ること。

一連の壮大な川の航海を通して、現在の河川コミュニティが直面している問題、河川沿いに住んでいる人々の長い歴史、そして基本的な川の生態学を探求していったのだ。

さらに彼は新たに、2017年の夏、サクラメント川を渡る計画の資金を調達中だ。

このロマン溢れる旅で、川沿いに住む様々な地域の人々と出会ってきたWes Modesさん。サクラメント川でもきっと素敵な出会いが待っているに違いない。

Wes ModesさんFricker




中2イズムをフォローする

こちらもオススメ