DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 人型寝袋は上着にもなる究極の寝袋!

中2イズムをフォローする

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

アウトドアシーズンになると、キャンプや宿泊型のフェスへ出かける人は少なくない。
しかし、いつも気になるのが荷物の量。特に高地へ行くとなると、どれくらい寒いか分からないので、寝袋に上着にブランケットに…と、とにかく体を温める装備を多めに持っていきがちだ。

そんな状況で荷物をパンパンにしてしまう人に朗報だ。上着・ブランケット・寝袋の全てをひとつでこなす究極の寝袋「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 人形寝袋」をご紹介したい。

この寝袋(シュラフ)、なんと体のフォルムに合わせて作られている、身につけたまま自由に動ける人型寝袋なのだ。まるで全身タイツを着ているかのような出で立ちだが、足から頭まですっぽり覆えるため、確実に温かいだろう。実際、中綿はダウン、フェザーで、使用温度に関しても最低使用温度を-5度まで保証している。

袖口から手足を外に出すことが出来るため、軽作業や靴を履いての移動も可能。
また、胸元の内ポケットに携帯電話や音楽プレーヤーを入れることができる。

これならキャンプを設営した後、ちょっとした移動や作業が着たままできるだろう。
こういった寝袋にネックなのがトイレしずらいところだが、この「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 人型寝袋」は腰部分にジッパーがあり、トイレ時に開閉することでそういった心配も問題ない。

重さもMサイズで1.35kgとこういった人型寝袋のなかでも最軽量の部類に入る。
もちろん仕様後は丸洗いOKだ。
なにかと便利なためキャンプだけでなく、被災用としても使えそうだ。
なお、着心地を表したオフィシャル動画がこちら。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)には様々なサイズやバリエーションがあるので、気になる方は一度確認してみて欲しい。


DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア ヒューマノイドスリーピングバッグ 人型寝袋 ver.6.0 DS-27B Zack [最低使用温度 -5度]




中2イズムをフォローする

こちらもオススメ