横幅2mなうえ路面が凍結!真下に凍った川が流れる恐怖の橋

中2イズムをフォローする

毎日28分、30日間聞くだけで英語が劇的に上達!
【英語ぺらぺら君中級編(配送版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

ロシアのシベリアを流れるヴィティム川には、全長570メートルの橋が架かっている。
この橋が大変危険な橋であることをご存じだろうか。

Kuadinsky-Bridge-600x379

なんと、橋の幅が2メートルほどしかなく、左右にガードレールもないのである。当然、落ちたら凍った川に真っ逆さま。車も通るようだが、路面凍結によりいつスリップして落ちてもおかしくない状況だ。

Kuadinsky-Bridge3-600x389

Kuadinsky-Bridge4-600x388

元々は鉄道橋として建設されたものの、結局使われることなく、今では近隣住民が移動手段として使用している。枕木がベースとなっており、ただでさえ落ちやすい作りとなっているのに、ここ30年ほどは全く整備されていない。

動画で見ると一段と恐怖が増してくる。

落ちる要素がてんこ盛りで、かつ落ちたら絶体絶命なこの橋。渡る勇気があれば、ぜひシベリアへ訪れてみて欲しい。

odditycentral





中2イズムをフォローする