世にも奇妙なオーケストラ!卓球選手がピンポンで演奏参加


中2イズムをフォローする

卓球の米国代表選手Ariel HsingさんとMichael Landersさんは、なんと卓球でオーケストラの演奏に参加するという、奇妙な偉業を成し遂げた。

2人が参加したのはAndy Akihoさん作曲による上海交響楽団の『Ricochet(ピンポンコンチェルト)』という曲で、北京音楽祭とMISAフェスティバルにて演奏されたようだ。

しかし、中国でいくら卓球が人気であるとはいえ、演奏に組み込むとは俄かに信じがたい光景だ。
楽器演奏と異なり、安定して音を出すのはとても難しそうなので、観客も演奏に集中出来ないのではないだろうか。



中2イズムオリジナルのフェス財布「WALLIE」発売中! kinetic-4



中2イズムをフォローする