クリロナ自伝映画の予告編を、メッシがまさかの鑑賞!その感想がクール

中2イズムをフォローする

バロンドールをはじめ、数々の賞と名誉を手に入れ、世界で最も優れたサッカー選手の一人とされるクリスティアーノ・ロナウド。
彼の軌跡を追ったドキュメンタリー映画が、11月9日に全世界で公開予定だ。その予告編映像がこちら。

実はこの予告編、ある人物に鑑賞してもらい、感想を述べてもらっているのだが…その人選が注目を集めている。

なんと、鑑賞したのはもう一人の“世界で最も優れたサッカー選手”とされる、リオネール・メッシなのだ。
メディアを中心に何度となく対立構造を描かれてきた両者だが、c・ロナウドのことをメッシはどう思っているのか…率直な感想を述べているので、動画をご覧いただきたい。

messhi1

「世界で最も優れたサッカー選手は誰かい?俺だろ?」と話すc・ロナウド。思わず苦笑するメッシ。
「1月まではね」とジョークを飛ばすc・ロナウドに、メッシはすかさず「その通りだよ。この1年で君は何を勝ち得たんだい?」とキツめのツッコミ。

messhi2

故郷からスポルティング・リスボンへ、12歳で我が子を送り出したときの寂しさを打ち明けるc・ロナウドの母親。
同じく13歳でアルゼンチンからFCバルセロナへ入るためスペインへ渡ったメッシも、このシーンにじんわりしてしまったご様子。

messhi3

最後は「これまでベストを出し続けてきた」と語るc・ロナウドに対し、「でもまだ君の(真の)ベストには到達してないだろ?」とクールなツッコミを入れるメッシ。
この辺りは天才が天才を語る、サッカーファンにはたまらないコメントが満載となっている。

c・ロナウド同様、我々が想像できないほどのプレッシャーを乗り越えてきたメッシだけに、c・ロナウドを語るには最もふさわしい人物だったのではないだろうか。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ