故人のタトゥーを皮膚ごと額縁に入れて、プレゼントするサービス誕生

中2イズムをフォローする

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

「タトゥーは自分にとって魂のようなものだ!」と考えている人にとって、画期的なサービスがある。
自分の死後、皮膚からタトゥー部分を切り取り、額縁に入れて遺族にプレゼントしてくれるサービスだ。

post-mortem-tattoo-preservation-charles-hamm-napsa-6

タトゥーのアートとしての価値を高めたいと考えた人々がNational Association For The Preservation Of Skin Art (NAPSA) という、スキンアートの保存協会を設立。協会によってこのサービスが生まれたのである。

post-mortem-tattoo-preservation-charles-hamm-napsa-31

post-mortem-tattoo-preservation-charles-hamm-napsa-11

post-mortem-tattoo-preservation-charles-hamm-napsa-21

post-mortem-tattoo-preservation-charles-hamm-napsa-41

post-mortem-tattoo-preservation-charles-hamm-napsa-51

post-mortem-tattoo-preservation-charles-hamm-napsa-111

post-mortem-tattoo-preservation-charles-hamm-napsa-10

post-mortem-tattoo-preservation-charles-hamm-napsa-9

post-mortem-tattoo-preservation-charles-hamm-napsa-7

確かに、夫婦で同じタトゥーを入れている人、家族の名前を彫っている人、座右の銘を彫っている人などは故人を偲ぶうえでタトゥーの存在は大きいかもしれない。
また、アート性の強いものや、著名人のタトゥーということであれば、それだけで価値が高いことも事実だ。

これまでは故人と共に火葬されたり埋葬されていたタトゥーも、このサービスによって改めて価値を見直されることになるかもしれない。

NAPSA




中2イズムをフォローする