高齢者がスプレー缶で落書きし放題!リスボンでグラフィティのワークショップ開催

中2イズムをフォローする

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

街中で良く見かけるグラフィティ。若者がストリートカルチャーの一環として、スプレーやフェルトペンを用いて壁や電車に落書きするアートである。

しかし、そんなグラフィティが、若者だけのアートだと誰が決めたのだろうか。
Lata_03

リスボンのアート集団LATA 65は、市内に住む高齢者とタッグを組んで、街中にグラフィティを蔓延させているのだ。

Lata_11

LATA 65の65という数字は退職年齢を表している通り、現在、ワークショップの参加者たちの平均年齢はなんと74歳。みな童心に戻って一心不乱にスプレーをまき散らしているようだ。

lata-4

Lata_08

Lata_01

Lata_07

lata-3

lata

lata-2

今後はリスボンだけでなく、ポルトガル全土に渡ってこの活動を広めていく予定だ。
世界的に高齢化社会を迎えつつある今、おじいちゃんおばあちゃんが最もヤンチャな世代という時代が訪れるのも、そう遠くないかもしれない。

thisiscolossal




中2イズムをフォローする