自分のおならが臭いことを憂いたおじいさん発明家、チョコの香りに変える薬を完成

中2イズムをフォローする

人前でおならをするのは、恥ずかしく勇気がいるものだ。それに憂いた一人の発明家が、おならを劇的に変化させる薬を開発した。
pilule-qui-parfume-les-pets
フランス人のクリスティアン・ポインチェヴァルさんは、友人たちとディナーを取っていた際、自分たちのおならの臭さに嫌気がさし、おならを良い香りにする薬を作ろうと考えたそうだ。


木炭やフェンネル、海藻、プロポリス、ブルーベリーといった自然由来の材料を用い、バニラやスミレの香りに変える薬を2006年に完成させた。そして2014年末、ついにチョコレートの香りに変える薬を完成させたとのこと。
1瓶9.99ユーロらしいので、勇気がある人は自己責任で購入してみてはいかがだろうか。
クリスティアン・ポアンシュヴァルさん公式サイト




中2イズムをフォローする

こちらもオススメ