実体験を元に描く!マンガ『漫画家を諦めたのでAV業界で働く事にした』が面白い

中2イズムをフォローする

漫画家の清水ヤスヲミ(@gunmanken)さんが実体験を元に描いた短編マンガ『漫画家を諦めたのでAV業界で働く事にした』をTwitterに掲載したところ、話題となっている。

清水さん本人が漫画家になる夢を挫折し、AVの制作会社へ就職したときの実体験をリアルに描いているとして、そのハードな経験が読者から「業界話は面白い」「夢も希望もないんだな」「めちゃくちゃ面白かった」と好評だ。

清水さんは実体験を元に別冊ヤングチャンピオンでマンガ『運びの犬』を連載中で、今回その第一巻が発売されるため宣伝も兼ねて記念に掲載したようだ。

この短編マンガを読んで興味を抱いた人はぜひ『運びの犬』も読んでみてほしい。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ