バイリンガル脳を破壊!?MONKEY MAJIKの新曲『留学生』が英語にも日本語にも聞こえる

中2イズムをフォローする

今、音楽ファンの間でロックバンドMONKEY MAJIK(モンキーマジック)の新曲が話題となっているのをご存知だろうか。
その新曲とはアルバム『COLLABORATED』に収録されている『留学生』という曲だ。

この『留学生』という楽曲、シンガーソングライターの岡崎体育とコラボしているだけでなく、なんと日本語と英語のダブル・ミーニング楽曲となっており、日本人には「留学生の日常を歌った日本語の歌」に、英語ネイティブには「恋愛ソング」に聞こえるようになっており、バイリンガル脳を破壊すると話題なのだ。

どちらの意味で聴いても楽しめるが、一方でどちらの意味で聴いていたか混乱してしまうという、日本語・英語ともに違和感を感じさせないとてつもないレベルで、完成度の高い楽曲となっている。

MONKEY MAJIKはこのアルバムでほかにも様々なアーティストとコラボしており、なかにはサンドウィッチマンともコラボ。『ウマーベラス』も話題となった。

MONKEY MAJIKの今後の活躍から目が離せない。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ