戦国時代好きは必見!ガチ甲冑合戦「桶狭間の戦い」が清須城で開催

中2イズムをフォローする

日本史好き、特に戦国時代好きにはたまらないイベントがいま、愛知県清須市で開催されようとしている。
そのイベントの名は「国際ガチ甲冑合戦フェス 清洲城 桶狭間の戦い」である。

なんと、甲冑を着て当時の合戦を再現する、ガチンコの戦イベントなのだ。

「ガチ甲冑合戦」は国内外の武術家や格闘家を中心に “日本甲冑合戦之会”が主催するリアルな合戦再現イベント。
集団戦や一騎討ちなどが行われ、公募による一般参戦者も含めると総勢100名~200名が戦国時代さながらに激突する形となる。

なんといっても見どころは本気の戦が観れるところ。勝敗に関しては筋書きなどはなく、本気のガチバトルとなるため、歴史通りの結果にはならない場合もある。

一般参戦者は槍隊の将兵となり、敵の置楯を槍で倒し陣形を崩していく。体に槍が当たらないよう安全に配慮されてはいるものの、激しい攻防戦になることは必至。
また、実際に槍を合わせる集団戦や一騎討ちなどでは、武術家や格闘家たちの本気勝負が観られる。

なお、槍隊として参加するには事前の申請が必要となるので、必ず公式サイトをチェックしてほしい。

永禄3年の5月19日未明、織田信長が清洲城から出撃したのが「桶狭間の戦い」。そして約450年経った5月19日、および5月20日、再びその清洲城にて合戦を再現される…。戦国時代が好きな方なら、このメモリアルなイベントにぜひ参加して歴史を感じてほしい。

「国際ガチ甲冑合戦フェス 清洲城 桶狭間の戦い」





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ