笑顔と廃墟のギャップに胸が痛む…ガザ地区に暮らす子供たちの写真集

中2イズムをフォローする

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

パレスチナのガザ地区を拠点に活動する写真家Emad Nassarさんの写真が強く胸を打つと話題だ。
現在のガザ地区は、イスラエルとの大規模な武力衝突(ガザ侵攻)により、“天井のない監獄”と言われるほど連日空爆の被害にあっている紛争地域である。

そういった状況の中、Emad Nassarさんは日々の生活を営む普通の人々を写真に収め、インスタグラムに掲載し続けている。
なかでも子供たちの写真が多く、瓦礫のなかで笑顔で遊ぶ子供たちの姿は置かれた環境との間にギャップがありすぎて、見ているだけでも胸が痛くなるものばかりだ。

Palestinian children play on a wall, at al-Shati refugee camp in the west Gaza City . Photo by : Emad Nassar

EmadSNassarさん(@emadsnassar)がシェアした投稿 –

#palestinian #children #play out side his #house in #jbalia #refugees #camp at #Gaza_strip

EmadSNassarさん(@emadsnassar)がシェアした投稿 –

子供は生まれてくる場所や境遇を選ぶことは出来ない。
それでも日々をたくましく生きていこうとする姿勢が写真に写し出されている。
こうした子供たちの笑顔とは裏腹に、日々空爆が続くガザ地区では、毎日誰かの身に悲劇が起こっているのが実情だ。

現在、世界各国の情勢は不安定で、そういったなか大人のエゴや都合に子供が振り回され、未来を奪われているということを、今一度考えなければならないのではないだろうか。
Emad Nassarさんのインスタグラムには日々様々な写真が掲載されているので、気になる方はぜひチェックしてほしい。




中2イズムをフォローする