ボストンマラソンの爆破テロで左足を失った女性、義足で再参加し走破

中2イズムをフォローする

2013年の4月15日に開催されたボストンマラソンで起こった、爆破テロ事件を覚えているだろうか。
この大会に参加していたRebekah Gregoryさんは、爆破により左足を損傷、さらには幼い息子も亡くしてしまった。
rebekahgregory1
その後35回の手術を受け、最終的に昨年の手術で左足を切断、現在は義足生活を余儀なくされている。
彼女の夫も、2013年のマラソンで爆破に巻き込まれ、アキレス腱が吹き飛ぶ大怪我を負ってしまっていたが、2人はめげることなく事件の1年後に結婚。
さらにRebekah Gregoryさんは、再びボストンマラソンへの参加を決断する。
rebekahgregory5

rebekahgregory4

rebekahgregory3

rebekahgregory2
2014年は車イスに押されての参加となったが、ボストンマラソン2015は自らの足で参加。
rebekahgregory7
フェリシアという名の彼女の義足とともに、マラソンの最終3.5マイル(5.6キロ)を完走。あの日、幼い息子と左足を失った現場であるフィニッシュラインにまで辿り着き、倒れ込むRebekah Gregoryさん。
rebekahgregory8
苦しみぬいた2年間であったが、自身に起こった悲劇を乗り越え、人生を歩み続けようとするRebekah Gregoryさんを、賞賛せずにはいられない。
Rebekah Gregoryさんインスタグラム




中2イズムをフォローする