SNS社会に対する皮肉!?「#玄関に貼れるツイート」が流行中、企業も便乗

中2イズムをフォローする

あるTwitterユーザーが、研修会での資料を投稿したところ、大きな注目を集めている。
「SNSをはじめインターネットに掲載する情報、家の玄関に貼り出すのと同じ行為である」というのだ。


たしかに、ネット社会においてはTwitterやFacebookなど、不特定多数の人が閲覧していることに気付かずに投稿している人は少なからずいる。そのため、自身が考えている以上の影響力があることを理解し、投稿することは大切である。

投稿が話題になったことから、この考え方を逆手にとった「#玄関に貼れるツイート」というハッシュタグが、現在人気を集めている状況だ。投稿者は差しさわりの無い範囲で、自分の趣味や伝えたいこと、はては本当に玄関に飾ることを想定したつぶやきを行っている。

また、このムーブメントに便乗し始めた企業や団体が複数登場し始めたので、まとめてご紹介したい。

もうほとんど自社商品のPRに利用していると言って過言ではない状況だが、このようなネットの流行へ敏感に対応するあたり、担当者のセンスと対応力が見えてくるのではないだろうか。

企業の担当者は自社製品の情報を拡散させるために、このようなユニークな方法を積極的に取り入れてみてははいかがだろうか。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ