長寿の秘訣はドクター・ペッパーにあり!毎日3缶飲み続けてきた104歳のおばあちゃん

中2イズムをフォローする

約40年に渡り、毎日「ドクター・ペッパー」を3缶ずつ飲み続けているという、テキサス州フォーワース在住のElizabeth Sullivanさんが、このたび104歳の誕生日を迎えた。60代の頃にこの味と出会って以来、欠かせない存在になってしまったそうだ。

ご存知の通り、「ドクター・ペッパー」はコーラに似た炭酸飲料で糖分やカフェインが多く、健康面から言えばけして大量に飲み続けて良いものではない。しかしSullivanさんが、104歳とこんなにも長生きできたのは「ドクター・ペッパー」のおかげだというのだ。何が長生きの秘訣になるかわからないものである。

CBSのニュースで紹介されたときの映像がこちら。

「みんな朝食にコーヒーを勧めるけど、私はドクター・ペッパーのほうがいいわ」と語る彼女のドクター・ペッパー好きは相当のものようだ。「ドクター・ペッパー」を飲み続けたら死ぬと、医者に止められたこともあったが、結果的に彼らのほうが先に亡くなっているとのこと。彼女にとっての医者は「ドクター・ペッパー」のほうなのだろう。

取材を受けたこの日は104歳の誕生日。大好きな「ドクター・ペッパー」の缶を模したバースデイケーキで盛大にお祝いされ、またドクター・ペッパー・スナップル・グループのCEOであるLarry Youngから「ドクター・ペッパー」を贈られてとても嬉しそうだ。104歳にしてハキハキとしゃべる姿が印象的な彼女は「100歳を超えて生き続けるための秘訣は?」という質問に対し、「ただ生き続けるだけ」とコメントしている。

Dr. Pepper The Doctor Of Choice For A 104-Year-Old Woman




中2イズムをフォローする