少女「マイ銃ゲットしたよ☆」 アメリカの銃社会ぶりがよくわかる写真シリーズ

中2イズムをフォローする

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

少女と銃といえば、「セーラー服と機関銃」を思い出す人にもちょっとショッキングな写真シリーズ‘My First Gun’をご紹介。

銃の製造会社のCrickett Rifleは、”My First Rifle”として4歳から10歳までの子供用にライフル銃を製造している。
ベルギーの写真家An Sofie Kesteleynさんは、 ‘My First Gun’としてその銃を手にした子供たちの写真を撮影。
撮影している間、子供よりも大人たちのほうが興奮気味で、大人は子供たちに銃を持たせることや使い方を学ぶことを望んでいることに気付いたという。

0

1

2

3

5

6

7

8月25日にも9歳少女がサブマシンガンの練習中にトレーナーを誤って撃ち殺してしまった事故が報じられたばかり。
アメリカの銃社会は現実のものとして子供たちのすぐそばにも存在しているようだ。

引用元:ELITEDAILY





中2イズムをフォローする