【インタビュー後編】地下アイドル姫乃たま、「私が地下アイドルな理由」

中2イズムをフォローする

様々な人物から、活動の中心にある中2的思想を導き出す連載、「私の中2ゴコロ」。Vol.2は地下アイドルの姫乃たまさん。普段、下北沢を中心にアイドル活動を続ける傍ら、エロ本が好き過ぎて、連載まで持ってしまうライターとしても活動しています。前編では「エロ本への愛」とオススメのエロ本をうかがいました。この後編では、地下アイドルとしての活動の変遷を語っていただきます。

中2ライン
【後編】姫乃たまはなぜ自分を地下アイドルと呼ぶのか?
himeno2_R
–私がアイドルになった訳

私がアイドルデビューしたのは、15歳の頃になります。音楽が好きだったこともあってDJの補佐役としてイベント参加の誘いを受けたんです。地下アイドルが集うロフトプラスワンのイベントだったんですけど、そこで仲良くなったことがきっかけですね。それで友人のアイドルから「一人女の子が飛んだから、ピンチヒッターで出てくれないか」と誘いを受けまして、アニソンカバーを歌ったのがステージデビューです。

私としては特にアイドルになりたかったわけではないんですよ。言うなれば付き合いで参加しているうちにアイドル活動に繋がっていった感じなんですよね。それで投票制で勝ち抜きバトルをするアイドルイベントがあって、初回エントリーで2位になったので、その時いけるんじゃないか!とエンジンがかかりまして。その後一応、イベント史上最速で優勝しました(笑)以来、歌やグラビアを中心に、アイドルとしての活動を行ってきました。

それでなぜ私は自分のことを下北沢の地下アイドルと呼んでいるかと言うと、地下って言葉にはメジャーなメディアに出れない子、出ない子っていう意味があると思うんですけど、私の出自や思考で考えてもメジャーではないだろうと思ったからなんです。そして自分の出身地である下北沢が、世田谷区なのにごちゃごちゃしていて、いかがわしい感じが好きなんですよ。そこは私が好きなエロ本と一緒ですね。

中2ライン
BjYZHKlCQAAmYWz
–アイドルからライター活動まで行う理由

そもそも自分がアイドルなのか、という疑問は自身の中でもずっと付きまとっていたので、いわゆるアイドル的な打ち出し方は一旦辞めることにしました。ライブでアニソンを歌っていても、人気なのは自分じゃなくてその曲な訳だし、私自身が好きなこと、やりたい事とは少しずつズレていって、その積み重なりが自分の中でも処理しきれなくなった時期があったんです。だから引退しようと思って、引退ライブも一度やっています。

それからは、自分の好きなことをやろうと思って、それを優先することにしています。すると頂く仕事の質も変わるんですよ。前はとっぱらいのような仕事が多かったんですが、今は幅も増えて、司会業やライター業なども増えてきましたし、そういうお話は自分にとっても励みになりますね。アイドルを前面に活動していた頃からのファンの方々も応援してくれるので、とても感謝しています。

アイドルって大体みんな3年経たずに辞めちゃうんですよ。1年目は訳が分からないなか過ぎていき、2年目に頑張ろうって思って、3年目にあれ?思い描いてた未来と違うぞってなるんです。辞める子は1回で辞めますし、大体1年持たないですからね。沢山の辞めていく子達を見送ってきたんですけど、私はもう4年続けてこられて、それは私がやりたいようにしていても温かく見守ってくれている、ファンの方々のおかげだと思っています。
中2ライン
SONY DSC
–中学2年生時代と今、そして将来

自分の中学2年生の頃を振り返ると、上履きがよく無くなったことを思い出しますね。まぁ俗に言うイジメですけど、3足無くなった時点で先生に「外履きで授業を受けていい」と言われ、それはそれでどうなんだとか思っていた時期ですね。公立の共学に通ってたんですけど、都内の公立って、なんとなく受験に失敗して挫折したような人が多いストレスフルな場所なんですよ。その中で私は塾にも行かず、悠々自適な感じで育ってきたこともあり、少し周りの空気とズレてたんです。それはずっと自分でも自覚していて、変に目立って学校には居場所が無かったんですよね。

それがアイドル活動を経て、今の様に大人の方々と関わっていくことで、ようやく自分の居場所みたいなものを見つけたんです。自分の周りにはファンの他に編集者やライター、或いはアダルト業界に古くからいるような方々も多くいて、色んな人から昔はどうだったのか、どうすれば良いものが出来るのか、そういった話を聞くだけでも楽しいんです。自分が変だと自覚した部分が全然薄まって見えるんですよ。

もともと文章しか書けない子というか、字の読み書きだけはやたら早い子だったので、今は歌の他にライター業も好んでやっていますが、将来のことは自分でもまだ不透明ですね。今は大学4年生なんで、周りを見渡せば就職決めてるような子でいっぱいなんですけど。当面は、沈み行くエロ本業界のおくりびととして活動していくんだと思います。

中2ライン
himeno3_R姫乃たま / 地下アイドル
1993/2/12下北沢生まれ。都内でのライブ活動を中心に、ライター、司会、モデルとして活動しているミス器用貧乏。エロ本が好き。
姫乃たま公式ブログ




中2イズムをフォローする