17歳が「世界で最も脚の長い女性」ギネス世界記録を更新!驚異の134cm超え

中2イズムをフォローする

アメリカのテキサス州、シーダーパーク在住のマーシー・カーリン(Maci Currin)さんはギネス世界記録を更新し、世界で最も脚の長い女性となった。

下のアングルから撮影するとまるで名古屋のナナちゃんのようだ…。

彼女は現在17歳の高校生で、測定された長さは左脚が135.267センチ、右脚が134.3センチ。
身長も約208センチと高く、現在は学校のバレーボールなどでその高身長を生かしているようだ。

なおこれまでのギネス世界記録を保持していたのは、2017年に認定されたロシア人のモデル、エカテリーナ・リシーなEkaterina Lisinaさんで、彼女の身長は205.16センチ、脚の長さは左脚132.8センチ・右脚132.2センチとなっていた。

将来、イギリスの大学に行くことを望んでいるマーシー・カーリンさんは、その後は“世界で最も身長が高いプロのモデル”という記録の達成を目指しているそうで、そうなったら確かに目立つ彼女の姿はランウェイなどでインパクト絶大かもしれない。
今後は、様々な場所で彼女の活躍を目にすることがありそうだ。




中2イズムをフォローする

こちらもオススメ