聖剣が擬人化したら台座がパンツだった!?漫画『ヌけない聖剣ちゃん』が天才的発想

中2イズムをフォローする

いま、とあるファンタジー漫画が天才的な発想だと読者の間で話題だ。
その漫画のタイトルは『ヌけない聖剣ちゃん』。「聖剣が擬人化したら台座がパンツだった」という衝撃的な設定の話なのだ。

ファンタジー系の作品でよく主人公が手に入れがちな聖剣。しかし、その聖剣は魂を宿しており擬人化。その際に台座がパンツの役割を果たしているため、聖剣は台座を脱ぎたがらず、そのまま戦わねばならない…という話となっている。
この作品は漫画家のくまのきゅう(@kumano_kyu)さんによって描かれており、現在サンデーうぇぶりにて掲載、単行本も3巻まで発売中だ。

これには「見たことない方向の下ネタ」「アイデアの大勝利」「素で面白い」など、絶賛するコメントが多数寄せられている。

現在、くまのきゅうさん自身によって4話までTwitterのモーメントにてまとめられているので、気になる方はぜひ読んでほしい。

聖剣が擬人化したら台座がパンツだった話1~4話まとめ





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ