生きるのに疲れた少女と先生の心の交流を描く…マンガ『金の恋』に号泣する人続出

中2イズムをフォローする

マンガ家の長崎さゆり(@6Ik6rAzKbcdxVXC) さんがTwitterに掲載した自身の読み切り作品『金の恋』が、心温まる内容だと読者の間で話題だ。

20歳にして生きるのに疲れた少女とかつて通っていた学校の先生が出会い、心を通わせていくストーリーとなっている。
12年前にレディースコミック誌に描いた読み切り漫画なものの、雑誌に載ったきり単行本にはならず、今はまだ電子でも配信されていないため、自身の漫画の紹介も兼ねてTwitterに掲載したようだ。
読者からは「泣いた」「しんみりした」「めっちゃ素敵な作品」「感動をこえる感情を覚えてる自分」「感動して涙がボロボロと溢れました」など、絶賛するコメントが多数寄せられている。
自身も生きるのに疲れたと実感がある人は、ぜひ心を癒やすためにも読んでみてほしい。





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ