シンジ君が17歳!?山下いくとが人類補完計画のなかった『エヴァ』if小説刊行

中2イズムをフォローする

『エヴァンゲリオン』にまたひとつ新たな神話が誕生した。メカデザイナーをつとめた山下いくとさんによる小説『エヴァンゲリオンANIMA』の単行本化が決定したのだ。

ストーリーはなんと、TVアニメ第24話にあたる「最後のシ者」から分岐した、その3年後を舞台にしたifストーリーとなっている。「もしも人類補完計画が発動しなかったら?」という前提のもと、主人公の碇シンジは17歳になっており、彼らの新たな未来を描いた作品と鳴っている。

人類補完計画が発動しない、17歳になったシンジ君、などエヴァファンであれば気になるワード満載の本作は11月30日(木)に1、2巻が同時発売。価格は各1,400円(税別)となっている。

もともと小説『エヴァンゲリオンANIMA』は、2007年から2013年にかけて雑誌『電撃ホビーマガジン』にて連載されていた。

碇シンジ、綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレーたちが成長した姿や、進化した初号機「スーパーエヴァンゲリオン」の存在など、本編とは全く異なった展開が楽しめる。連載開始10周年となる今年に、全5巻での単行本化が決定。また、それぞれ8Pのカラー口絵も掲載されるようなので、ファンならずとも要注目なのではないだろうか。

EVANGELION STORE





中2イズムをフォローする

こちらもオススメ