日本の巨大ロボット「クラタス」と対決!米国「Eagle Prime」が性能動画を公開

中2イズムをフォローする

視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

8月4日、米国のロボット制作企業「Megabots」が最新ロボット「Eagle Prime」を公開し、話題となっている。同企業は今月中に日本の水道橋重工が誇る「Kuratas(クラタス)」と対決する予定だ。

この対決は、もともと2015年に水道橋重工による乗用の巨大ロボ「クラタス」へ、Megabotsが挑戦状をたたきつけたのが発端だった。しかし、なかなか実現するには至らなかったのだが、この度、ついにその対決は実現しそうだ。

「Eagle Prime」は全長約5メートル、重量約12トンの大型ロボット。頭部のコックピットに人間が座り、操縦が可能だ。
この重量感の割に動きは素早いところにある。

動画ではその性能を確認することが出来るだろう。

一方の「クラタス」は全長約3.8メートル、重量約4トンで「Eagle Prime」よりは小ぶりだ。

この対決の結末に、世界中のロボットファンの注目が集まっている。




中2イズムをフォローする

こちらもオススメ